春も“昌塾”!山本昌氏に春季キャンプも臨時コーチ要請へ 阪神・谷本副社長明かす

 
練習中に藤浪(左)と話し合う山本昌臨時コーチ。春季キャンプでも“昌塾”の開講に期待がかかる(撮影・松永渉平)

 春も“昌塾”!! 阪神が、秋季キャンプで臨時コーチを務めている元中日で通算219勝の山本昌氏(54)に対し、来年の春季キャンプでの指導も要請することが14日、分かった。谷本修球団副社長兼本部長(55)が明かした。近く矢野燿大監督(50)らを交えて方針を確認する。若手だけでなく、ベテランにもレジェンドのエキスを注入だ。

 種をまき、早くも芽が出始めた。継続は力なり。だから、年を越しても、昌塾-。安芸で臨時コーチを務める山本昌氏に対し、阪神が早くも動き出す。

 「選手たちも、すごくフィットしているみたいなので。来ていただけるなら、ありがたいですけど。(山本昌氏の)ご都合次第ですね」

 西宮市内の球団事務所で取材に応じた谷本球団副社長兼本部長は、今キャンプでの手腕を高く評価。続投要請の準備に入ることを明かした。

 「その辺は最後、(山本昌氏に)お会いできると思うので、しようかなと。(阪神のために)お時間を作っていただけるのであればお願いしようと、おぼろげに思い始めているところです」

 秋季キャンプは19日に打ち上げとなる。谷本副社長は近日中に安芸に飛び、矢野監督らも交えて会談する予定。現場の意見を最大限尊重した上で、来春の“予約”にこぎつける。山本昌氏も受諾に前向きな考えを示しており、続投に支障はなさそうだ。

 今季プロ7年目で初の未勝利に終わった藤浪は今キャンプでチェンジアップを教わり、腕を縦ぶりに矯正中。ローテに初めて定着した青柳もシンカーの習得に励んだ。ただし、今回、山本昌氏の“塾生”となれたのは安芸で汗を流す投手17人のみ。来春の宜野座や安芸にも山本昌氏を呼ぶことで、来年5月で41歳を迎える能見や守護神・藤川、FA移籍1年目で10勝をマークした西らにもレジェンドのエキスを注入してもらいたい。「何か発見があるかもわからないですしね」。ベテランもまだ進化できる。谷本副社長は“化学反応”に期待した。

 昨春、山本昌氏がテレビ番組の収録で宜野座を訪問。能見の投球を見守り「50歳までやれよ」とエールを送っていた。2015年に球界史上初の50歳登板を果たし、通算219勝を挙げた左腕の金言。今度はゲストじゃなく臨時コーチという立場から、太く長く活躍する選手を育ててもらう。

 「(現役を)32年やっておられるのでね。だって(山本昌氏から)『何でも答えられる』といわれると、聞きにいこうと思いますもんね」と谷本副社長。若手や中堅の成長だけじゃない。投手王国を築くための一翼を担ってもらう。 (阿部祐亮)

★この日の山本昌氏

 午前10時、矢野監督やコーチ陣らと選手のウオーミングアップをチェックしたあとブルペンへ。投球練習をしていた高橋遥、秋山に身ぶり手ぶりを交えて指導を行った。午後からはサブグラウンドに移動し、キャッチボールを行う藤浪ら投手一人一人にアドバイスを送るなど、午後5時まで“昌塾”は続いた。

★山本昌氏・秋季キャンプの主な指導VTR

 ◆全選手&スタッフ 10月31日に選手宿舎で約1時間、講演会を行った。

 ◆藤浪 11月1日に腕を縦振りに修正するため、チェンジアップを伝授。3日に上からたたくことを意識づけるため、バレーボールのスパイクを打つように右腕を振ることをアドバイス。

 ◆高橋遥 1日にチェンジアップの握り、手首の使い方を指導。

 ◆望月 3日にフォーム改良を助言。9日にリリースポイントを前にすることを教えた。

 ◆上本 3日にスローイングを指導。キャッチボールにネットスローなど、リリースについて確認作業を重ねた。