楽天・則本、52センチのヒラメに“アゲアゲ”「義理の母にいいお土産ができた」

われら球界太公望
釣り上げたヒラメに、則本は満面の笑み(撮影・土谷創造)

 球界の釣り好きを紹介するオフ企画「球界太公望」に楽天・則本昂大投手(27)、島井寛仁外野手(28)、藤平尚真投手(20)が登場。11月下旬にサンスポ推薦船宿、宮城閖上(ゆりあげ)の「蔵王丸」から出船し、約6時間のヒラメ釣り対決に挑んだ。

 「ヒラメだ! デカッ!!」

 海面に映った褐色の魚影に則本がほえた。慎重にリールを巻き、釣り上げたのは体長52センチの大物。「こいつは本当においしい。義理の母が家に来ているので食べさせてあげたい。いいお土産ができた」と笑った。

 午前6時過ぎに大型魚礁でスタート。仙台沖で生きたイワシを餌に水深38メートル付近を探った。風速9メートル近い強風でポイントは大荒れ。船酔いと格闘しながら、ヒラメ2枚、イナダ3本、ソイ1尾をゲットした。敏腕船長、大友貴男さん(40)は「通常なら波が高くて中止。最近はアタリが小さくて分かりづらいのに、勘ではなく分かっていた。素晴らしかった」と則本の腕前に舌を巻いた。

 則本はシーズンも山あり谷ありだった。人生初の右肘痛を発症し、8月にはオフにクリーニング手術を受けることを決意した。しかし、シーズン終盤の精密検査で「尺骨神経の炎症」と診断された。骨に異常はなく、星トレーナーの献身的なサポートもあり、手術を回避できた。

 「来年のオフも楽しく釣りができるように、与えられた役割に全力を尽くす。どんな個人タイトルよりも優勝がほしい」と則本。新人だった2013年以来、6年ぶりのリーグ優勝へ腕を振る。 (広岡浩二)

ヒラメ3枚、イナダ2本、ソイ1尾、アイナメ1尾、サバ1尾、スズキ1本を釣り上げた船酔い知らずの楽天・島井「もう既に釣りに行きたいです」

最も船酔いに苦しみながらヒラメ4枚(60センチの大物賞!)、ソイ1尾を釣り上げた楽天・藤平「気持ち悪かったので、あんまりうれしい記憶がないです」

★蔵王丸ガイド

 仙台市・宮城閖上「蔵王(ざおう)丸」。電話022・289・4013。車で仙台、福島方面からは仙台東部道路・名取ICから約10分。集合場所は「ゆりあげ港」の蔵王丸前。詳細は公式サイト(http://www5e.biglobe.ne.jp/~zaoumaru/)まで。

Read more