亜大、4投手の継投で今季初勝利/東都

 

 東都大学野球秋季リーグ戦第2週第2日は12日、東京・神宮球場で行われ、第1試合は亜大が中大を11-2で下し、1勝1敗とした。

 一回に中大に1点を先制された亜大はその裏、安打と四球、死球に犠飛で追いつき、6番・正随優弥外野手(4年)の2点中前打で逆転。その後も三、四、六、七回にも加点の計11得点を挙げ、4投手の継投で今季初勝利とした。

Read more