阪神・藤浪、順調3回1失点 16日ハマ戦先発へ

 
先発した藤浪は3回1失点。約1カ月半ぶりの1軍登板へ、金本監督も納得の仕上がりだ

 (ウエスタンリーグ、阪神4-1オリックス、11日、鳴尾浜)2軍調整中の阪神・藤浪晋太郎投手(24)が11日、ウエスタン・オリックス戦(鳴尾浜)に先発し、3回3安打1失点。金本知憲監督(50)も見守る中、16日のDeNA戦(横浜)の先発に向けて、順調な仕上がりを見せた。

 夏の暑さが残る鳴尾浜で、1球1球丁寧に投げた。先発の藤浪は一回一死一塁から小島に中越えの適時三塁打を浴びたが、それ以降は3三振を奪うなど安定していた。

 「悪くなかったが、左打者に高く抜けたりとか逆球は反省。完璧ではないし、課題とかもあるけど、1軍に呼ばれたらしっかり投げたいです」

 3回49球で課題の四死球はゼロ。走者を背負ってのけん制も無難にこなした。視察した金本監督も「けん制球もできたしね。どれだけ自信を持てるか。自信が一番だから」とうなずいた。矢野2軍監督も「この前(2日、広島戦)より球の質はよかった。(直球で)押し込んでいたし、短いイニングでいろいろな球種を使えた」と太鼓判を押した。

 「いろいろなことに取り組んで、技術的にもいい感じで投げられている。やってきていることは間違っていないかな。全体的にはいい感じになっていると思います」

 次は1軍で16日のDeNA戦(横浜)へ。7月26日の広島戦(甲子園)以来の登板に向けて、調整していく。 (箭内桃子)

Read more