岩隈、マリナーズ退団へ 来季は日本復帰も視野「まだ現役続けていきたい」

 
マリナーズ・岩隈=シアトル(共同)

 米大リーグ、マリナーズは11日、マイナー契約で右肩手術からのメジャー復帰を目指していた岩隈久志投手(37)が今季限りで退団すると発表した。来季は日本球界復帰も視野に入れている。

 同投手は10日にディポト・ゼネラルマネジャーと会談し、来季のコーチ就任を打診されたという。「(マイナーで)実戦に投げられるようなところまで状態は上がってきたし、やっと自分の感覚を取り戻したようになってきた。まだ現役を続けていきたい」と語った。

 12年にプロ野球楽天からマリナーズに移籍。13年にはオールスター戦に選出されるなど14勝を挙げた。15年には無安打無得点試合を達成するなど先発陣の一角として活躍してきたが、昨年はメジャー初の未勝利に終わり、9月に肩の手術を受けていた。

 米球界7年間での大リーグ通算成績は63勝39敗2セーブ、防御率3・42。日本通算は107勝69敗、防御率3・25。(共同)

岩隈久志の話「メジャー復帰を目指していたけど、今季は(起用)できないと聞かされた。2019年はコーチとしてサポートしてもらえないかという話はいただいた。実戦に投げられるようなところまで状態は上がってきたし、やっと自分の感覚を取り戻したようになってきた。日本の球界も視野に入れながら、まだ現役を続けていきたい」

マリナーズ・サービス監督の話「岩隈には「戦士」という言葉が最もふさわしい。追い詰められ、壁を背にしたときに必ず何とかしてくれる男だった。ここで投げることはもうないが、まだ現役を続けることを考え、日本での復活を望んでいるようだ」

Read more