中日・森監督、初登板で無失点の山本拓を評価「十分でしょう」

 
4番手で登板した中日・山本拓=甲子園球場(撮影・森本幸一)

 (セ・リーグ、阪神8-5中日、20回戦、中日11勝9敗、12日、甲子園)中日のドラフト6位新人、山本拓がプロ初登板し、糸井から初三振を奪うなど2回無失点だった。2四球を与えたが「自滅しなかったのが大きい。腕が振れていたのでよかった」と胸をなで下ろした。

 球場からほど近い兵庫県の進学校、市西宮高出身。森監督は「十分でしょう。自信にしてくれればいい」と評価した。

大島(九回に犠飛)「ヒットでつなぎたかったが、最低限の仕事ができた」

ビシエド(九回に適時打)「食らいついていった」

Read more