中日・アルモンテがV打

 
1回、中日・アルモンテが中越えに先制3ランを放つ=甲子園

 (セ・リーグ、阪神6-7中日、19回戦、中日11勝8敗、11日、甲子園)5-6の九回に四球と2安打で二死満塁の好機をつくり、アルモンテが高めの直球をたたき、しぶとく中前へ運ぶ逆転の2点適時打。5打点の5番打者は「チームの勝利のために集中していた」と胸を張った。投手陣の乱調を打線がカバーして接戦をものし、今季最長に並ぶ5連勝。森監督は「これが残り100試合くらいでできていたらな」と冗談交じりに喜んだ。

Read more