オリ、37イニングぶり得点 先制打の若月「東明さんも頑張っているし…」

 
4回、適時三塁打を放つオリックス・若月=ほっともっとフィールド神戸(撮影・榎本雅弘)

 (パ・リーグ、オリックス-西武、25回戦、12日、ほっと神戸)オリックスの若月が0-0の四回二死二塁で適時三塁打を放った。1ボール2ストライクから榎田の122キロの変化球を捉えて右中間を破り「東明さんも頑張っているし、何とか1点という気持ちを全員が持っている。とにかく1点取ることができて良かった」と両手を上げて喜んだ。

 チームは3試合連続で零敗を喫していた。この日も三回まで毎回得点圏に走者を進めながらあと一本が出ておらず、この一打が37イニングぶりの得点となった。

Read more