女子野球日本代表がW杯優勝を報告 橘田監督「これを機会にもっと知って」

 
優勝トロフィーを持参し日本野球機構・斉藤惇コミッショナー(左から2人目)に優勝報告を行った侍ジャパン女子代表。(左から)川端友紀、一人おいて橘田恵監督、里綾実=東京都港区芝の日本野球機構(撮影・大橋純人)

 8月に米国で行われた女子野球のワールドカップ(W杯)で6連覇を果たした日本代表の橘田監督らが12日、東京都内でプロ野球の斉藤コミッショナーに優勝を報告した。

 橘田監督は「これを機会にもっと女子野球を知ってもらいたい」と話し、3大会連続で最優秀選手(MVP)に選ばれたエースの里(愛知ディオーネ)は「みんなに感謝している。MVPは自分の励みになる」と話した。

Read more