中大、主将の一打で今季初勝利 吉田叡「怖がらずに振った」/東都

 

 東都大学野球秋季リーグ第2週第2日(11日、亜大3-5中大、神宮)中大は主将吉田叡の活躍で3戦目にして今季初勝利を挙げた。七回、同点とした直後の打席で、2球目の直球を中前にはじき返した。貴重な勝ち越し打に「怖がらずに振ったのがいい結果につながった」と喜んだ。

 春は最下位となり入れ替え戦に回った。今季も開幕カードの駒大戦で2連敗したが「勝ち点を取りに行くという気持ちが全員にあった」と4連打で一気に逆転。清水監督は「もうちょっとやることをやらないと」と気を引き締めた。

Read more