国学院大が立正大に先勝/東都

 

 東都大学野球秋季リーグ戦第2週第1日は11日、東京・神宮球場で行われ、第1試合は国学院大が立正大を3-1で下し、先勝した。

 国学院大は五回一死二、三塁で2番・工藤陽平外野手(4年)が右中間二塁打を放ち2点を先行し、八回にも1点を加え、ドラフト候補右腕・清水昇投手(4年)が3安打1失点完投で勝利を挙げた。

Read more