阪神・藤浪、16日横浜戦で昇格 虎CSへ過密日程の切り札や!

 
16日のDeNA戦で1軍復帰へ。藤浪がいよいよ帰ってくる

 2軍調整中の阪神・藤浪晋太郎投手(24)が16日のDeNA戦(横浜)に先発する方向であることが10日、わかった。金本知憲監督(50)が「終盤、何とか力になってほしい」と明かした。11日のウエスタン・オリックス戦(鳴尾浜)に先発し、中4日で約1カ月半ぶりの1軍マウンドへ向かう予定。今度こそ終盤の大型連戦で救世主になる。

 試練の大型連戦の鍵を握る男が、いよいよ1軍に帰ってくる。今週の先発ローテーションについて、金本監督が「次、日曜日(19日)が空いてるんかな」とコメント。不振のため2軍で調整している藤浪を、16日のDeNA戦(横浜)に先発させる方向であることを明かした。

 「開幕のときは責任をもって背負ってというので2戦目にいってもらって、今のところうまくいってないんですけど、こっちは常に常に早くきっかけを、という思いをずっともっている。終盤、何とか連戦とかで力になってほしいですね」

 右腕は11日のウエスタン・オリックス戦に先発し、中4日で向かう見通しだ。チームは9月26日のDeNA戦(甲子園)から13連戦フィニッシュの予定。しかも前日9日の巨人戦(甲子園)が降雨コールドとなったため、20連戦になる可能性もある。

 この日、甲子園で投手指名練習をチェックした香田投手コーチは「(ローテ)6人というところを、佳境に来て、しっかり確立したい。そうなるとある程度は計算しやすい」と20連戦になったとしても先発は6人で回す構想を説明した。メッセンジャー、岩貞、小野、才木、青柳に続く“6人目”。同じく2軍調整中の秋山も候補になるが、まずは藤浪に託す。

 金本監督から、チームを背負う自覚を促す意味も込めて、3月31日の開幕2戦目の巨人戦(東京ドーム)に起用された今季だが、ここまで2勝3敗、防御率6・34。7月26日の広島戦(甲子園)では、わずか1/3回を5失点で自己最短KO。翌日27日に登録を抹消された。その後はウエスタンで5試合に先発し、1勝1敗、防御率2・00。悪夢を払拭してきた。

 鳴尾浜で「一度失った信頼はそう簡単に取り戻せるものではないと思う。すぐ上がれるとも思っていないですし、まずは目の前の自分のできることをやっていきたい」と必死に汗を流してきた藤浪。いよいよ、チームを救うときがきた。

 「戦力としての上がり方というか。1回上げてどうこういうレベルじゃなしに、戦力としての頭数として上げると思うんでね、そのときは」と金本監督。苦しんできたここ3年。藤浪が、虎の救世主となる。

12日の中日戦で先発予定の阪神・岩貞「今、リーグで一番当たっている(打線)と思うので、上位打線を抑えるために下位打線で余計な走者を出さないようにしたい」

★今季の藤浪

 開幕2戦目の3月31日の巨人戦(東京ドーム)に先発も六回途中4失点。開幕から4試合勝てず4月21日に登録を抹消された。6月3日に昇格し西武戦(メットライフ)で六回途中7失点。翌4日に抹消され、15日の楽天戦(楽天生命)で昇格。6回1/3を無失点で昨年5月4日以来の白星を挙げた。しかし、その後2試合で結果が出ず、7月11日に抹消。同26日の広島戦(甲子園)で昇格即先発も、雨で試合開始が1時間12分遅れ、わずか1/3回で5失点と自己最短KO。試合後に2軍落ちが決まった。

Read more