大谷、6試合連続の長打 三盗ではビデオ判定で一転セーフに

 
4回、三盗を決めたエンゼルス・大谷=アナハイム(撮影・リョウ薮下)

 エンゼルス-レンジャーズ(10日、アナハイム)エンゼルスの大谷はレンジャーズの左腕マイナーと4日に続いて対戦した。左投手からメジャー初となるアーチをかけた相手に対して1打席目は見逃し三振に倒れたが、四回は右中間二塁打で6試合連続の長打とした。さらに、三盗が一度はアウトとされたがビデオ判定で覆り、セーフからアウトになった9日とは逆の展開になった。

 試合前には2度目となる週間MVPの受賞が発表された。新人王に推す声も高まっている状況で、ソーシア監督は残り全試合での打者起用を望んだ上で「今までを考えると、新人王をもらえるようなパフォーマンスを見せてきた」と期待を口にした。(共同)

Read more