高校日本代表が解団式 ベストナイン選出の藤原「次のステージでも頑張りたい」/U18アジア

 
記者の質問に答える藤原恭大=宮崎市内のホテル(撮影・水島啓輔)

 U18アジア選手権で3位に輝いた高校日本代表が11日、宮崎市内で解団式を行った。永田裕治監督(54)=報徳学園元監督=ら首脳陣、スタッフ、選手たちがそれぞれ、大会を終えてのスピーチを行い、今秋のドラフト1位指名候補で今大会のベストナインにも輝いた藤原恭大外野手(3年)=大阪桐蔭=は「3位という悔しい結果に終わったんですけど、この経験を生かして次のステージでも頑張りたいと思います」と話した。

 投打“二刀流”で活躍し、同じく外野手部門でベストナインの根尾昂内野手(3年)=大阪桐蔭=は「結果としては3位に終わったんですけど、チーム力、先生方の力は他のどのチームにも負けていなかったと思う。もう一回、代表のユニホームを着て優勝を勝ち取れるように、力不足なのでまた練習して戻ってこられるようにしたい」と仲間への感謝と夢を語り、再会を心待ちにした。

Read more