侍U18、14点爆勝で3位確保!吉田の進路は国体後に/U18アジア

 
中国戦でベンチから応援した吉田(右)。次は福井国体に集中する (撮影・水島啓輔)

 U18アジア選手権最終日(10日、サンマリン宮崎ほか)3位決定戦で高校日本代表は中国に14-1で七回コールド勝ち。来年のU18W杯(韓国)への出場権を獲得した。吉田輝星(こうせい)投手(金足農3年)は、登板がなくベンチから応援した。試合後には進路について触れ、福井国体(30日開幕)終了後に両親や金足農・中泉一豊監督らと話し合いを持つ考えを示した。なお、決勝は延長十回タイブレークの末、韓国が7-5で台湾を下し、2大会ぶり5度目の優勝を果たした。

 次世代に置き土産は残した。投打で中国を圧倒し3位確保。来年のU18W杯(韓国)への出場権を獲得した。吉田は、出番がなかったが最低限の結果に表情を緩めた。

 「周りのメンバーの意識の高さというか、全国の高校球児から選ばれた18人なので野球に対する考え方や熱意というのがすごい。自分ももっと野球に真剣に取り組みたいな、と思いました」

 精鋭18人がそろった中で、過ごした約3週間は吉田にとって刺激的な日々だった。野球への姿勢やトレーニング法、変化球の投げ方など…。甲子園を沸かせた剛腕も「僕にはできないです」と仲間の意識や技術の高さに驚いた。

 吉田は、注目される卒業後の進路について「国体が終わってから、どういうところでやるか考えたい。そこから(国体終了後)でも遅くないと思う。まずは国体に集中したいです」と話した。まずは金足農の一員として高校最後の大会に全力を尽くす。その上で「しっかり話し合って、自分の将来のことなので」と両親や中泉監督を交えて検討することを明かした。

 この日、福井国体(30日開幕)の組み合わせが決まった。金足農は初戦で常葉大菊川と対戦する。代表メンバーで同校の奈良間、根来とさっそく健闘を誓い合った。

 大学進学か、プロ志望か…。“平成最後の怪物”は、最後の戦いを終えた後に答えを出す。 (山下幸志朗)

一回途中からロングリリーフで好投した大阪桐蔭・柿木「初心に帰った。(大阪桐蔭の)西谷監督の『脚で投げる』という言葉で、いい結果につながった」

Read more