DeNA・細川、今季も初打席打点「走者をかえすことだけを考えた」

 
2回、DeNA・細川は先制適時打を放つ=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)

 (セ・リーグ、広島-DeNA、19回戦、11日、マツダ)今季初めて1軍昇格したDeNAの高校出2年目、細川が「7番・右翼」で即先発し、二回の第1打席で先制打を放った。対左投手の抜てきに応え、ジョンソンの内角カットボールを詰まりながらも中前へ運び「走者をかえすことだけを考えた」と喜んだ。

 四回にも強烈なピッチャー返しの中前打を放った。昨年10月に初打席本塁打、次の試合でもアーチをかけ、日本シリーズでも安打を記録した期待の星。開幕前の不振で降格した2軍生活は長引いたが、勝負の9月に苦しむチームを救えるか。

Read more