広島・新井、代打タイムリー「何とか食らい付いていこうという気持ちだった」

 
8回 代打の広島・新井は右適時打を放つ=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)

 (セ・リーグ、広島4-5DeNA、19回戦、広島10勝8敗1分、11日、マツダ)今季限りで引退する広島の新井が3-5の八回、代打で適時打を放った。2死一、二塁の好機で登場し、三上の外角の150キロを右前に運び「追い込まれていたので、何とか食らい付いていこうという気持ちだった。うまくコンタクトできた」と汗を拭った。

 ベテランの一打で球場のムードが高まったが、続く同点機で野間が砂田に三振。5日の引退表明から6連敗と苦しい状況にも「しっかり反省するところはして、とにかく前を見てやるだけ」と話した。

野間(3安打2打点の活躍でもチームは敗れ)「(自身の結果は)プラスに考えて、チームの勝ちに貢献できるように、また必死に頑張りたい」

鈴木(四回に適時二塁打)「もう少しいいものを求めてやっていけたら」

Read more