法大が勝ち点、延長十一回に宇草が勝ち越しソロ/東京六大学

 

 東京六大学野球秋季リーグ戦第1週第3日は10日、東京・神宮球場で行われ、法大が延長十一回、早大に5-4で競り勝ち、2勝1敗で勝ち点1を挙げた。

 3点差を追った法大が八回に6番・川口凌内野手(4年)の右前2点打などで逆転したが、九回に早大に追いつかれ、2回戦に続いて延長となり、延長十一回二死、1番・宇草孔基外野手(3年)が今季1号の右越え本塁打を放ち、突き放した。

Read more