柿木、好救援で存在感「上位をしっかり取れたのがよかった」/U18アジア

 
4回、投球する柿木=宮崎(撮影・水島啓輔)

 U18アジア選手権(10日、日本14-1中国=七回規定によりコールド、サンマリン宮崎)日本の柿木がロングリリーフで存在感を見せた。一回途中に登板すると、六回まで被安打1と盤石の内容。先制を許した嫌な流れを断ち切り「上位をしっかり取れたのがよかった」と満足げな表情を浮かべた。

 台湾戦で先発しながら3回で降板した悔しさを晴らし「初心に帰って(大阪)桐蔭でやってきたことを出そうと。西谷監督の『脚で投げる』という言葉で、いい結果につながった」と相好を崩した。

Read more