DeNA・後藤と加賀が現役引退 今季限り、球団も了承

 
DeNAの(左から)後藤武敏内野手、加賀繁投手

 DeNAは10日、後藤武敏内野手(38)と加賀繁投手(33)が今季限りでの現役引退を申し入れ、球団も了承したと発表した。今季は開幕から出番がなかった後藤は「自分の納得いく打撃ができなくなった」とコメントし、加賀は「周りの方々に恵まれた幸せな野球人生を送らせてもらい、本当に感謝しています」との談話を出した。

 後藤は1998年に松坂(中日)を擁した神奈川・横浜高の主軸打者として甲子園大会で春夏連覇に貢献。法大を経て西武に入団し、2012年にDeNA移籍後は主に代打で活躍した。通算成績は617試合に出場して打率2割5分5厘、52本塁打、184打点。

 加賀は住友金属鹿島から10年にドラフト2位で入団。外国人打者に強い救援投手として活躍し、12年には61試合に登板した。通算278試合に登板して12勝22敗1セーブ、防御率4・03。

Read more