慶大が東大に2連勝! 中村が2試合連続本塁打/東京六大学

 
慶大・森田晃介投手は、東大2回戦に先発し、5回1失点(撮影・赤堀宏幸)神宮球場

 東京六大学野球秋季リーグ戦第1週第2日は9日、東京・神宮球場で行われ、第2試合は3連覇を狙う慶大が10-4で東大を下し、連勝で勝ち点1を挙げた。

 慶大は1-1で迎えた六回に4連打を含む7長短打などで6点を奪い、さらに九回に中村健人外野手(3年)の2試合連続本塁打で2点を加え、5投手の継投で4失点に抑え、デビュー登板の先発右腕・森田晃介投手(1年)が5回1失点で初勝利を挙げた。

 また、この試合で東大の6番・青山海内野手(3年)が六回二死一、二塁で中越え2点二塁打を放ち、リーグ戦初打点を記録した。青山内野手は、バックスクリーン横に広告看板を掲出している『洋服の青山』の青山商事・青山理社長の次男で、「打ったのは真っすぐ、まだパワーが足りない。(掲出されている看板を)意識はしていない。とにかくチャンスで打てるようにしたい」と今後の目標を示した。

Read more