早大が法大を延長戦で下す 今西が今季初勝利/東京六大学

 

 東京六大学野球秋季リーグ戦第1週第2日は9日、東京・神宮球場で行われ、第1試合は、早大が法大を延長十一回7-6で下し、1勝1敗とした。

 早大に先制された法大は二回、四回に2点ずつを入れ、八回に早大が3点を奪い4-4と追いつき、延長十一回に桧村篤史内野手(3年)の左越え勝ち越し二塁打、さらに福岡高輝内野手(3年)の右中間三塁打などで2点を加え、延長十一回は、主将の左腕・小島和哉投手(4年)が何とか2失点にとどめた。4番手で登板した左腕・今西拓弥投手(2年)が今季初勝利(通算2勝目)を挙げた。

Read more