巨人・山口俊、1433日ぶり救援も1失点「反省しないと…」

 
9回、登板する巨人・山口俊=甲子園球場(撮影・森本幸一)

 (セ・リーグ、阪神2-7巨人、22回戦、巨人14勝8敗、8日、甲子園)6点差の九回に、山口俊が3番手として登板。DeNA時代の2014年10月6日のヤクルト戦以来、1433日ぶりの救援登板で、1回1安打1失点だった。「隙がない投球をしないと。きょう(8日)みたいな投球だと反省しないといけない」と振り返り、斎藤投手総合コーチは「あそこ(抑え)でお願いする以上、1回を投げさせたかった」と説明した。

Read more