巨人元同僚からフラワーボードも BC栃木・村田、涙のセレモニーで感慨

 
試合後、花束を渡され男泣きする村田修一=小山運動公園野球場(撮影・中井誠)

 巨人を昨季限りで自由契約となり、独立リーグのルートインBCリーグ栃木でプレーしていた村田修一内野手(37)が9日、現役引退を表明した。栃木県小山市で行われたチームの今季最終戦後、セレモニーで「今日をもって私は現役を引退します」と涙を流しながらスピーチした。

 引退セレモニーでは村田に、泣きじゃくる次男ら3人の息子から「ありがとうございました」と花束が贈られた。横浜(現DeNA)で本塁打王に輝いた2007、08年に監督だった大矢明彦氏が駆けつけて花束を贈呈され、巨人の元同僚からは阿部や坂本勇らの連名でフラワーボードとコメントが届けられた。

 東福岡高、日大の同級生や多くのファンに見守られ、村田は「みんなに支えられて野球ができた。本当に感謝している」と感慨深そうに話した。

Read more