法大が早大に先勝、4番・中山2本塁打/東京六大学

 
9回、法大・中山はこの日2本目となる本塁打を放つ=神宮球場 (撮影・大橋純人)

 東京六大学野球秋季リーグ戦は8日、東京・神宮球場で開幕し、第2試合は、法大が5-1で早大を下し、先勝した。

 法大は一回に4番・中山翔太内野手(4年)の左中間への2ランで先制し、五回に2点を加え、中山は九回に通算10号となる左越えソロを放ち、先発右腕・三浦銀二投手(1年)が3安打1失点完投で勝利を飾った。

Read more