西武・山川、37号満塁弾も「勝てなかったので意味はない」

 
2回、同点満塁弾を放った西武・山川を出迎える秋山、源田、浅村=メットライフドーム(撮影・田村亮介)

 (パ・リーグ、西武9-13ロッテ、21回戦、西武13勝8敗、8日、メットライフ)西武の山川が8月22日以来、13試合ぶりとなる37号満塁本塁打を放った。0-8の二回、先頭打者で二塁打を放って中村の左前打で生還すると、打者一巡して二死満塁でのこの回2度目の打席で豪快に左中間席へ放り込んだ。

 今季102打点とし、プロ5年目で初の大台に到達。だがチームは敗れ「勝てなかったので意味はない。流れを傾けて逆転したけど結果として勝てなかった」と悔しがった。

辻監督(0-8からリードを奪うも敗れ)「(二回は)よく8点も取った。ここでホームランが出ればってところで山川の満塁ホームランが出た」

Read more