吉田、夢散…U18侍が台湾に2安打完敗し連覇ならず/U18アジア

 
まさかの敗戦。決勝進出を逃し、高校日本代表はうつむいた(撮影・水島啓輔)

 U18アジア選手権(7日、台湾3-1日本、サンマリン宮崎)2次リーグが始まり、2連覇を目指した高校日本代表は台湾に1-3で敗れて、4大会ぶりに決勝進出を逃した。2番手で四回から登板した吉田輝星(こうせい)投手(金足農)が5回4安打2失点で今大会2敗目。1次リーグで同組だったチームとの対戦成績が持ち越されるため、日本は2敗となり、3位決定戦に回ることが決まった。

 甲子園V右腕から準V右腕へ必勝リレーのはずだった…。まさかの敗戦に吉田は試合終了後、呆然(ぼうぜん)とした表情で一塁ベンチからグラウンドに出た。

 「試合を崩したのは全部自分なので、責任取れないですけど、チームに申し訳ないです」

 同点に追いついた直後の四回。先発の柿木(大阪桐蔭)からバトンを受け継ぎ、5日の韓国戦から中1日の登板。ブルペンでも「しっくりきていなかった」という投球フォームのままでマウンドに上がってしまった。

 四回一死から相手5番に中前打を浴びると、犠打と四球で二死一、二塁とされ、フォークボールを左翼線に運ばれ、勝ち越しを許した。さらに二死一、三塁からはセーフティーバントを成功され、計2失点。五回以降は意地で無失点に抑えたが、「台湾がたまたま打ち損じた」と投球に納得はできなかった。

 甲子園で6試合計881球を投じた疲労を考慮され、代表合宿ではノースローを命じられた。調整不足はいなめず、「ボールに対して力が伝わっていなかった」と吉田。頭のぶれや体重移動などが大会中に修正できなかった。

 アジア選手権では4大会ぶりの準決勝敗退。自国開催では初めて優勝を逃した。だが、日本にはまだ中国との2試合が残されている。3位までに与えられる来年のU18W杯(韓国)の出場権獲得に向けて、右腕は「(残り試合で)自分たちの野球をしたい」と必勝を誓った。次代の後輩ためにも、必ず置き土産を残す。(山下幸志朗)

3番に入り4打数無安打に終わった根尾(大阪桐蔭)「甘い球を仕留めきれなかった。柿木や吉田をもっともり立てることができた」

四回に犠飛で唯一の打点を挙げた主将の中川(大阪桐蔭)「負けていたので、何とかして1点を取ろうと打席に入った。決勝はなくなったが3位を死守する」

プロ注目の遊撃手も今大会4失策の小園(報徳学園)「自分では(いいタイミングで捕球に)入れていると思っても抜ける。バウンドが合っていない」

決勝進出を逃した永田監督「最後までチャンスがつくれなかった。打線が全く機能しなかった。(2番手で登板した)吉田は本来の調子ではなかったが、よく踏ん張ってくれた」

Read more