DeNA・ラミレス監督、継投が裏目に「向こうに流れがあると失点してしまう」

 

 (セ・リーグ、DeNA6-7ヤクルト、21回戦、ヤクルト13勝8敗、8日、横浜)DeNAはロペス、ソトの3ラン2発で2度リードしながら逆転負けした。6-6の九回二死でパットンが雄平に勝ち越しソロを浴び、ラミレス監督は「これも野球の一つ」とさばさばと言った。3位巨人との差は4・5ゲームに開いた。

 五回途中から継投に入ったが、逃げ切れなかった。6-3の六回にはエスコバー、三上、砂田と3投手を投入したが、計2失点。八回は2イニング目となった三嶋が同点とされた。継投が裏目に出て、ラミレス監督は「向こうに流れがあると失点してしまう」と嘆いた。

今永(4回1/3を7安打3失点)「直球は悪くなかったが、変化球の制球が悪く、試合の中で修正できなかった」

ソト(五回に中越えに29号3ラン)「感触も完璧で、しっかりと前で捉えることができた」

Read more