オリD8・山足、プロ1号が逆転V3ラン!大阪桐蔭OBが藤原から刺激

 

 (パ・リーグ、ソフトバンク1-3オリックス、19回戦、ソフトバンク11勝8敗、7日、ヤフオクD)プロ初本塁打が決勝弾だ。オリックスのドラフト8位・山足(Honda鈴鹿)が、プロ1号となる逆転の3ランを放った。

 「本当に何が起こったのか、わからないぐらいでした」

 0-1の三回一死二、三塁だ。ソフトバンクの先発・千賀の初球を左翼ホームランテラスまで運んだ。「真っすぐを狙っていたけど、うまく反応できた」と笑顔。1軍昇格即「1番・三塁」で起用した福良監督も「あいつの積極性が出た」と評価した。

 2軍で再調整中には、母校・大阪桐蔭高が夏の甲子園で史上初となる2度目の春夏連覇を達成。俊足強打で注目を浴びた藤原恭大選手はオール枚方ボーイズでも後輩で、「中学校からいい選手だった。僕もがんばらないと」と刺激を受けていた。

 記念球は家族に渡すといい、一足先にプロの舞台に飛び込んだ先輩は「これからもチームの勝利に貢献したい」と先を見据えていた。 (西垣戸理大)

Read more