ロッテ・井口監督はため息「西武打線に火を付けるとこうなる」

 
先発のロッテ・二木=メットライフドーム(撮影・田村亮介)

 (パ・リーグ、西武10-4ロッテ、20回戦、西武13勝7敗、7日、メットライフ)ロッテの二木は4-1で迎えた六回に崩れた。一死三塁から山川に適時打を浴び、続く中村にも安打を許して降板。後続が打たれて追い付かれた。

 二木は「序盤は本塁打の1点に抑えたが、球数が多くなってしまったのがいけなかった。最後はフォークボールが落ちなくなっていた」と悔やんだ。井口監督は「西武打線に火を付けるとこうなってしまう」とため息だった。

Read more