ロッテ・平沢、西武・雄星から3号2ラン「自信になる」

 
5回、右越えの2ランを放つロッテ・平沢=メットライフドーム(撮影・田村亮介)

 (パ・リーグ、西武10-4ロッテ、20回戦、西武13勝7敗、7日、メットライフ)ロッテの平沢が2試合ぶりの3号2ランを放った。2-1の五回一死一塁で菊池の直球を捉えて右翼席へ放り込み「真っすぐに差し込まれないようにと意識していて、甘いボールを逃さず捉えられた。自信になる」とうなずいた。

 プロ3年目で4本目の本塁打は初めて左投手から打った。つきっきりで指導する金森打撃コーチは「今はとにかく強いスイングをしようと伝えている。どんどんたくましくなっている」と成長に目を細める。井口監督も「練習から一球も無駄にしていない。最近はずっと調子がいい」と成長を感じてうれしそうだ。

清田(二回に菊池から先制打)「相手がいい投手なので積極的に打ちにいったらヒットになってくれた」

ロッテ・清水投手コーチ(二木に)>ロッテ・清水投手コーチ(二木に)「責められない投球をしたが、六回までは投げ切ってほしかった」

Read more