日本ハムが仙台入り 栗山監督「こういうときに頑張らないと意味がない」

 
8日の楽天戦に向け、仙台へ移動する日本ハム・清宮=札幌市内

 北海道で最大震度7を観測した地震の影響で遠征先への移動が足止めされていた日本ハムは7日、新千歳空港発の航空機で仙台市に入った。出発前に札幌市内の合宿所で選手に訓示した栗山英樹監督は「多くの方が大変な思いをされている。こういうときに頑張らないと意味がない」と神妙に話した。

 合宿所に併設されている室内練習場は停電のために使えず、8日の楽天戦に先発予定の上沢直之投手は合宿所脇の芝生でキャッチボールを行うなど調整。他の選手も札幌市内のジムで体を動かした。

 7日の楽天戦はチームが移動できる見通しが立たなかったために6日に中止が決まり、8日が地震後初の試合となる。上沢は「被災された方が少しでも笑顔になれるような投球をしたい」と意気込み、ドラフト1位新人の清宮幸太郎内野手も球団の公式ツイッターを通じて「皆さんに勇気や希望を与えるのが僕たちの使命。皆さんと一緒にこの困難を乗り越えていきましょう」と呼び掛けた。

Read more