岩隈、マイナーで2回3失点 3度目実戦で最速142キロ

 

 米大リーグ、マリナーズとマイナー契約で、昨秋の右肩手術からの復活を目指す岩隈久志投手(37)が5日、ワシントン州エベレットで行われた傘下のマイナー、1Aエベレットの試合に先発し、2回を4安打3失点、1三振3四球だった。

 これが術後3度目の実戦で、47球を投げてこれまでで最速の88マイル(約142キロ)を出した。敗戦投手になったものの「球速を戻すのが一つの目標だった。今日は大きい」と収穫を強調した。

 大リーグ通算63勝(39敗)を挙げ、今季が米球界7年目。昨年5月を最後にメジャー登板から遠ざかる中「やっと自分の感覚で腕を振ることができた。やっと納得できる球が投げられたかな」と話した。(共同)

Read more