広島・岡田、6失点で6敗目「低めに、質のいい球投げられるようにしないと…」

 
先発の広島・岡田=マツダスタジアム(撮影・門井聡)

 (セ・リーグ、広島3-13阪神、20回戦、広島12勝8敗、6日、マツダ)広島の岡田は5回6失点の乱調で試合をつくれず、6敗目を喫した。0-1の五回に6連続長短打を浴びるなどして一挙5点を奪われ「高めに浮き出して、抑えが利かないようになってきた。それでも打ち取っていかないと」と悔やんだ。

 前回登板で約2カ月ぶりとなる白星をマークしたが、いい流れを持ってこられず「低めに、自分の質のいい球を投げられるようにしないといけない」と反省ばかりが口を突いて出た。

緒方監督(優勝へのマジックナンバーは11になったが、本拠地でまたも大敗)「2試合続けてこういう展開になって、ファンの方に申し訳ない」

Read more