阪神・梅野、プロ初1試合3度の盗塁刺した!先制アシストの右越え二塁打も

 
延長十一回、西川の二盗を阻止した梅野。プロ初となる1試合3度のバズーカ発射だ

 (セ・リーグ、広島5x-4阪神=延長十二回、18回戦、広島12勝6敗、4日、マツダ)広島の足攻めに必死にあらがった。死闘に敗れはしたが、梅野がプロ初の1試合3度の盗塁阻止。意地を見せた。

 「きょうは久しぶりに、自分のプレーができたと思います」

 最初の見せ場は1点リードの七回二死一塁。四球で出塁したバティスタの代走・上本の二盗を正確な送球で刺すと、同点の延長十回二死一塁で丸、十一回の二死一塁でも西川の二塁到達を阻止した。

 相手に傾きかけそうな流れを、盗塁阻止率3割を超える“梅バズーカ”でズバッと切り、バットでも二回に先制点につながる右越え二塁打を放って攻守で存在感をみせた。

 最後は守護神ドリスが崩れた。「抑えがいっているので、それは仕方ない」と唇をかんだ。自慢の肩は次戦以降、鯉の機動力封じへの、大きな“抑止力”になる。

Read more