ヤクルト・高橋、初登板は5回5失点「自信になる」

 
先発のヤクルト・高橋=神宮球場(撮影・加藤圭祐)

 (セ・リーグ、ヤクルト6-5中日、21回戦、ヤクルト11勝9敗1分、5日、神宮)ヤクルトの3年目、高橋がプロ初登板して5回6安打5失点だった。四回に一挙5点を失ったが、140キロ台後半の直球で相手を押し込む場面も多く「腕を振って投げられたのは自信になる」と手応えを口にした。

 京都・龍谷大平安高では2014年春の甲子園大会で優勝に貢献。首脳陣から将来性を高く評価されている左腕投手は「四球から失点したり、ピッチャーに打たれたり、2軍と同じことをしてしまった」と反省も忘れなかった。

秋吉(1回無失点で2勝目)「負けていたけれど、しっかり抑えれば流れが来ると思った」

ヤクルト・田畑投手コーチ(プロ初登板で5回5失点の高橋に)「初めてで、これだけ投げてくれれば十分。大したものだよ」

Read more