黒田氏、引退決断の盟友・新井にエール「最後までたくさんの声援を受けて過ごしてもらいたい」

 
今シーズンでの引退を表明した広島・新井=広島市のマツダスタジアム(撮影・山田喜貴)

 プロ野球広島の新井貴浩選手(41)が5日、広島市のマツダスタジアムで記者会見し、今季限りでの現役引退を表明した。プロ20年目で大きな決断をした新井選手は「(ファンを)喜ばせてあげることが今年はできていない。悲しませるのは申し訳ない。これからのカープのことを考えると、今年がいいんじゃないかと考えた」と晴れやかな表情で語った。

 米大リーグのヤンキースなどで活躍した後に広島に戻り、2016年に25年ぶりのリーグ優勝に導いた黒田博樹氏は盟友の新井の引退に「言葉で聞いたときはショックだった。最後までたくさんの声援を受けて一日一日を過ごしてもらいたい」とエールを送った。

 球団は引退試合は開催しない方向という。鈴木球団本部長はこの時期に発表したのは「これだけの愛されキャラだし、ナゴヤドームや神宮、東京ドームでも、最後と伝えてから見てもらった方がいい」と説明。リーグ3連覇、日本一に挑むチームの中で「全国のファンに真剣勝負を見てもらうことが、引退試合のようになれば」と願った。

Read more