広島・松山、守備のミス挽回

 

 (セ・リーグ、広島5x-4阪神=延長十二回、18回戦、広島12勝6敗、4日、マツダ)守備のミスをバットで取り返した。松山が3-4の八回二死一、二塁で藤川から右翼へ同点打。一塁ベース上で両手をパンと叩いて、感情を爆発させた。2-1の四回二死二、三塁の一塁守備では、糸井のゴロを一塁ベースカバーに入ったジョンソンへ悪送球。ボールが転々とする間に2人が生還し、一時逆転を許した。「情けないプレーをしていたのでなんとか返したかった」。起死回生の一打でチームを救った。

Read more