西武・多和田、粘って13勝目 ウイニングボールは「息子にあげられれば」

 
試合後、西武・辻監督と握手する多和田(右)=旭川(撮影・野口隆史)

 (パ・リーグ、日本ハム3-7西武、18回戦、西武10勝8敗、4日、旭川)西武の多和田は8安打を浴びながら5回1/3を3失点と踏ん張り、4試合ぶりの白星でリーグトップに並ぶ13勝目を挙げた。「球があまりいっていなかった。粘り強く投げることはできた」と振り返った。

 勝ち星を重ねても「打者の方々に打ってもらっている」と謙虚に話す。8月28日に長男が誕生したとあって、ウイニングボールについては「息子にあげられれば」と笑った。

森(五回に適時打)「追い込まれていたが、センターにうまく運ぶことができた」

Read more