西武・雄星、7回0封で3年連続2桁勝利!工藤以来24年ぶり2人目

 
菊池は五回にロメロを右飛に打ち取り、ガッツポーズ。7回無失点で10勝目に到達した (撮影・森田達也)

 (パ・リーグ、オリックス0-1西武、21回戦、西武13勝6敗2分、31日、京セラ)西武・菊池雄星投手(27)が31日、オリックス21回戦(京セラ)で7回5安打無失点と好投し、1-0でチームの3連勝に貢献。10勝目(4敗)を挙げ、球団の左腕では工藤公康(現ソフトバンク監督)以来24年ぶり2人目となる3年連続の2桁勝利を達成した。今オフのポスティングシステムによる米大リーグ移籍が取り沙汰される中、“ノルマ”の1つの「2桁勝利」をクリア。残る「優勝」に向けチームとともにひた走る。

 この日最大ともいえるピンチで、菊池が一気にギアを上げた。1-0と先制した直後の五回だ。一死一、三塁で大城を膝元に食い込むスライダーで空振り三振に仕留めると、続くロメロにはこの日最速151キロの直球を投げ込み、最後は変化球で右飛に。左拳でガッツポーズを作った。

 「今年は右打者の膝元のスライダーが決められていなかった。三振を取れてよかった」

 左腕が汗をぬぐった。二回途中には左の腹筋をつるアクシデントもあったが、ベンチ裏で水分と塩分を補給し、続投。辻監督は以前にも同様の症状が出ていたと明かしたが、本人は「つっただけ。筋肉にダメージがあったわけではない」と軽症を強調した。

 これで1986-88、91-94年に達成した工藤公康以来、球団左腕では2人目となる3年連続2桁勝利に到達。菊池は「いい意味で数字にとらわれなくなる」とホッと一息ついた。

 夢舞台に一歩近付いた。球団には将来的なメジャー移籍の希望を伝えており、渡辺シニアディレクター(SD)は一昨年オフに「2桁勝って優勝したら(ポスティングシステムの申請も)考える」と発言。これでハードルを1つクリアした形だ。

 この日もネット裏には米大リーグ11球団のスカウトが集結。日本球界NO・1左腕に熱視線を送った。残る“関門”は10年ぶりの優勝。「残りは全部勝つつもりで。チームのためだけにやっていきたい」。エースの言葉に力がこもった。 (伊藤昇)

Read more