ソフトバンク・武田がプロ初セーブ「緊張感はやっぱりあった」

 

 (パ・リーグ、楽天3-4ソフトバンク、22回戦、ソフトバンク13勝9敗、1日、楽天生命)ソフトバンクの武田がプロ7年目で初セーブを挙げた。1点を勝ち越した延長十回に登場。2死から内野安打を許したが、銀次を遊ゴロに仕留めて試合を締め「緊張感はやっぱりあった」と初々しかった。

 今季は3勝9敗と先発で好結果を出せず、最近は救援に回っている。「任されたところでしっかりやりたい」と自らに言い聞かせるように話した。

Read more