楽天・藤平、3発に屈する「一番打たれてはいけない打者に…」

 
先発の楽天・藤平=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)

 (パ・リーグ、楽天1-7ソフトバンク、21回戦、ソフトバンク12勝9敗、31日、楽天生命)楽天の藤平は3本塁打に屈した。その中でも悔やまれたのは一回の柳田に浴びた3ラン。1死一、二塁で初球の直球をバックスクリーンに運ばれた。高めに要求された球が甘く入り「自分の失投。一番打たれてはいけない打者に打たれてしまった」と唇をかんだ。

 二回に甲斐、五回には今宮にソロを浴びて5敗目を喫した。24日の前回登板に続く5失点で、チームの連敗も止められず「2試合連続で試合を壊してしまっている。野手の方に申し訳ない」と肩を落とした。

平石監督代行(完敗に)「千賀に対しては、ある程度接戦でいかないといけない。楽に投げさせてしまった」

今江(一回にノーステップで打ち適時二塁打)「たまたまです。全然打てていないので、試行錯誤しながらやっている」

Read more