オリックス・山田が月間登板数の球団新記録 西武戦で18試合目

 

 オリックス・山田修義投手(26)が31日、西武戦(京セラ)の七回に登板。8月の登板数が18試合となり、2004年の5月に歌藤達夫が記録した17試合を抜き、球団新記録になった。

 また、山田の登板時には、前日30日に今月の登板数が18試合となったフランスア(広島)が神宮球場でのヤクルト戦でまだ登板しておらず、1956年9月の稲尾和久(当時西鉄)、13年5月の益田直也(ロッテ)、そして、フランスアがマークした2リーグ制以降のプロ野球記録に並んだ。

Read more