JR東日本東北のルーキー・大保が2打点!/東北スポーツ

 

 第44回社会人野球日本選手権・東北最終予選代表決定戦(27日、石巻市民)JR東日本東北(宮城)がきらやか銀行(山形)を5-1で下し、3年連続19度目の日本選手権(11月1日開幕、京セラドーム大阪)出場を決めた。25日の1回戦から3連投となった富士大(岩手)出身のルーキー加藤弦投手(22)が9回116球を投げ、6安打1失点で完投。今大会2勝目を挙げ、大会MVPに輝いた。

 JR東日本東北・加藤を援護したのは同じルーキーの1番打者、大保(だいぼ)だった。三回に先制適時打を放つと、五回にも貴重な追加点となる犠飛を放ち2打点。「結果を出せて素直にうれしい」と笑った。足攻が旗印のチームにあって、先頭打者として大きな役割を担う。初出場する日本選手権でも「ルーキーが活躍すれば盛り上がる。チームを勢いづけるプレーを心がけたい」と活躍を誓った。

Read more