マリナーズ・岩隈が術後初のリハビリ実戦登板 サービス監督「今後が見えてくると思う」

 
マリナーズ・岩隈

 米大リーグの公式サイトは26日(日本時間27日)、マリナーズとマイナー契約を結び、昨年9月に受けた右肩手術からの復帰を目指している岩隈久志投手(37)が同日に傘下1Aエベレットの一員として術後初の実戦登板を果たし、先発で1回を2安打1失点の内容だったと、伝えた。岩隈の実戦登板は2017年の6月以来。

 マ軍のサービス監督は遠征先のアリゾナで岩隈の登板について「とても関心がある。ただどんな状態なのかをまず見てみないとわからない」とコメント。「最初のリハビリ登板の出来次第で、今後が見えてくると思う」と話したという。

Read more