岩隈が術後初の実戦登板 1Aで1回1失点

 

 米大リーグ、マリナーズとマイナー契約で、昨秋の右肩手術からの復帰を目指している岩隈久志投手(37)が26日、傘下のマイナー、1Aエベレットの試合に先発として術後初の実戦登板を果たし、予定されていた1回を投げて2安打1失点で勝敗は付かなかった。

 メジャー通算63勝(39敗)を挙げ、今季が米球界7年目の岩隈は昨年5月3日を最後に大リーグ登板がない。リハビリの過程では肩に違和感を訴えるなど、一進一退の調整が続いていた。(共同)

Read more