パナソニック・吉川、野球連盟の規定に抵触 Dバックスとマイナー契約

 
パナソニック・吉川峻平

 ジャカルタ・アジア大会日本代表を辞退した社会人野球パナソニックの吉川峻平投手(23)が、米大リーグのダイヤモンドバックスとマイナー契約を締結したことが24日、関係者への取材で分かった。

 所属先は24日、吉川が日本野球連盟(JABA)の登録規定に抵触していたと発表。プロ球団と契約を締結する場合は締結日以前に登録抹消届を提出する必要があるが、提出前に正式な入団契約書を交わしていたという。都市対抗大会終了前にダイヤモンドバックスと接触したことでも登録規定に抵触した。吉川と野球部の部長は、活動を自粛するという。

 吉川本人や報告を受けていた部長は、これらの行為が規定に抵触すると知らなかったといい、同部はホームページ上に「多大なるご迷惑をお掛けしたことを深く反省し、おわび申し上げる」とのコメントを掲載。広報担当は「ざんきに堪えない恥ずかしい話」などと話した。

Read more