栃木・村田、会見後初実戦で快音響かず…死球、四球で出塁も3の0/BCリーグ

 
第2打席、右飛のBC栃木・村田

 独立リーグのルートインBCリーグ・栃木の村田修一内野手(37)が3日、武蔵戦(上尾)に「4番・指名打者」で先発出場。3打数無安打だった。

 「いつも通り準備して入りました。結果は残念でしたけど、チームは勝ってよかったです」

 日本野球機構(NPB)のトレードと新規契約が可能な期間が終了した先月31日以降では、初の実戦。第1打席から死球、右飛、四球、遊ゴロの後、大きな声援を受けて打席に入った八回二死満塁での第5打席は二ゴロ。快音を響かせられなかった。

 「NPBに属していればボロボロになるまでやるべきかもしれないが、呼んでいただけないのであれば…」。同リーグでの今季公式戦は残り18試合。今季最終戦となる9月9日の群馬戦(小山)まで、現役生活の集大成をファンに披露する。 (山下幸志朗)

Read more