マリナーズ、イチロー好きの投手に苦戦

 

 マリナーズ2-3タイガース(17日、シアトル)マリナーズはタイガース先発の左腕ボイドに苦戦した。約192センチの長身からの変化球にてこずり、六回まで自己最多となる9三振を奪われた。12日にも白星を献上しており、相性が悪い。

 ボイドはマリナーズの本拠地シアトルと橋でつながるマーサー島の出身。少年時代からイチローの大ファンだったそうで、数日前には試合前にわざわざ訪ねてサインを頼んだほど。マリナーズのサービス監督は「また同じようにやられた。打線がなかなかつながらない」と渋い顔だった。(共同)

Read more