松井秀喜氏、大谷に「常識突き破ってほしい」 イチロー、清宮にもエール

 
チャリティーゴルフに参加し、エンゼルス・大谷らについて話す松井秀喜氏=ニューヨーク近郊(共同)

 米大リーグ、ヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏(43)が14日、ニューヨーク近郊で自身の基金が共催するチャリティーゴルフに参加し、メジャー1年目から投打の「二刀流」で活躍するエンゼルスの大谷翔平に「いい意味で(周囲の)想像を裏切ってくれている。ますます今まであった野球の常識を突き破ってほしい」とエールを送った。

 マリナーズで今季はプレーしないことになった1学年上のイチローには「最低50歳? 60歳、70歳までプレーしてほしい。イチローさんがプレーしない姿というのは想像できない」と語った。

 松井氏と同じく高校から入団したプロ野球日本ハムのドラフト1位ルーキー、清宮幸太郎は初本塁打を放ってから不振に。「ほとんどの選手は壁に当たる。自分がどう感じて次、どうやっていくか。ずっとそうだと思いますよ」と自身の経験を基に話していた。(共同)

Read more